JR東日本、地域の活性化を目的とした「無人駅の活用」をするためのクラウドファンディングプロジェクトを開始

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます
7397511613719b2303374cd614d05778_s

東日本旅客鉄道(JR東日本)とJR東日本スタートアップは、「JR東日本スタートアッププログラム2018」で採択したCAMPFIREと「地域にチカラを!プロジェクト」と題し、「地域商品開発」「無人駅の活用」の2つのテーマで新規事業案を募集した。応募の中から選ばれた「無人駅の活用」部門の2プロジェクトを対象に、CAMPFIREにて資金調達を2019年9月30日(月)より開始する。

■地域にチカラを!プロジェクトとは?
「地域にチカラを!プロジェクト」は、地域の活性化を目的に、CAMPFIREがクラウドファンディングのプロジェクト立ち上げをサポートし、JR東日本はネットワークを生かしたPRをサポートする、共同のプロジェクト。2018年12月から約1か月間、「地域商品開発」と「無人駅の活用」の2つのテーマで、地域をより元気に、より魅力的にするアイディアの一般公募を行った。今回は「無人駅の活用」部門への36件の応募の中から、JR東日本とCAMPFIREが選出した2件のプロジェクトを開始する。

●次世代漆協会による、山田線上(かみ)米内(よない)駅(岩手県盛岡市)のプロジェクト
「イーハトーブの里山に、無人駅を活用したカフェと工房を作りたい!」
●ストカによる、信越本線帯(おび)織(おり)駅(新潟県三条市)のプロジェクト
「無人駅を活用して燕三条地域の産業発信地と交流拠点にしたい」

それぞれのプロジェクトにおいて、JR東日本は地域の活性化の舞台として、地域の企業・団体に対して無人駅の駅舎の貸付けを行う。また、地域の企業・団体は、準備・運営に必要な資金の一部について、CAMPFIREのプラットフォームを利用してクラウドファンディングでの資金調達に取り組んでいく。

クラウドファンディングの募集期間は2019年9月30日(月)~11月29日(金)まで。

地域にチカラを!プロジェクト 特設ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
京王電鉄がサンリオキャラクターのフルラッピングトレイン運行開始1周年記念で貸し切りイベント列車「サンリオピューロランドエクスプレス」を運行
ファイト!一発でエネルギー補給!!本格派スポーツブランドのメソッドを導入した大正製薬の「リポビタンゼリー for Sports」ソフトバンク、NVIDIAと協業してクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供
東京ゲームショウ2019で出会ったキレイなおねえさんたち(その3)
東京ゲームショウ2019で出会ったキレイなおねえさんたち(その2)






Source: ITライフハック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です