【大勝利】渋谷ハロウィンに存在感がハンパない「タピオカ」の仮装で参戦し、大注目を集めてしまった!

おすすめ

このページは:約 3 分で読めます

今年も来たぞ、ハロウィン。渋谷センター街(バスケットボールストリート)ではアルコールの販売を規制しており、警察官やガードマンを配置するなど、トラブルを未然に防ぐ措置がとられている。

さて、毎年渋谷ハロウィンに参加している当編集部では、存在感がハンパない「タピオカ」に扮して、センター街に足を運んだ。そうしたところ、大注目を集める結果となってしまった。低クオリティなのに大勝利してしまったのである!

・今年はタピオカだろ

今回は何に扮するか? 2019年はタピオカドリンクが大ブレイクして、各地に新しい店舗が続々と誕生した。それにちなんでタピオカの仮装にすることが、かなり早い段階で決まっていた。しかし、ズボラな私は直前まで動かず、結局あわてて仕込みをすることに。細かく造作している時間がなかったので、サッカーボールの帽子(被り物)を購入。

「これを黒く塗りゃあ、タピオカになんだろ」。そんな勢いでスプレー缶で着色。

あとは顔を黒く塗って、身体の黒丸をたくさん描けば、完全にタピオカになる! はず……。

ところが、実際にやってみると……。

全然タピオカじゃねえーーーーッ!!!!

「どう見てもサッカーボールじゃねえか。これでタピオカなんてよく言えたな!」、我ながらあまりのクオリティの低さに驚愕してしまった。だが! もう後戻りできない。『人数がいれば、それなりに存在感が出る』の法則にのっとって、渋谷の街に突撃じゃーーーい!!

・とはいえ不安……

ヨッシャ、全員(Yoshio・サンジュン・あひるねこ・中澤星児・佐藤)、エレベーターに乗り込め! 渋谷ハロウィンの度肝を抜いたれ!!

ところが、外に出てみると、途端にメンバー全員、口々に「不安だ……」と言いだした。これまで何度もハロウィンには参加しているのだが、今回ほどクオリティが低いのは初めてだからだ。5人いるとはいえ、数では押し切れないほどの雑さ。

手ぶらが心もとないということになり、タピオカミルクティーを買っていくことにした。

これ持ってれば、タピオカだってわかるっしょ! やべえ、すげえ強い武器を手に入れた気分だ。これがあればイケる!

・待ってろ渋谷

改めて出陣! 途中で新宿3丁目の交番の前を通りすぎたが、お巡りさんも笑いながら見ていてくれた。僕たち危ない人物じゃないしん! ただのタピオカだしん!!

駅に向かって颯爽と地下道を歩く。その背中は勇ましささえ感じさせる。

待ってろ、渋谷。存在感のある仮装ってヤツを見せてやる。

・いきなり撮影会

さて、今年の渋谷はどうなってる? いろいろ規制が設けられて、人がいなかったりして。と思ったら……。

人がすげええええ! 交差点の向こう側に行ける気がしねええええ!

パっと見た感じ、仮装した人の姿はチラホラ見えている。それよりも、見物に来た人の量がすごい。半分は外国人観光客。あとは、カメラを手に面白そうな仮装を物色しているように見えた。当然ながら、我々も撮られまくる。

少し歩くと声を掛けられてパシャパシャ! 1人が撮影を始めると人だかりができて、撮影会になってしまう。

我々を見て最初は「ナニアレ?」と言っていた人たちも、手元のタピオカミルクティを見て、「ああ~、タピオカか~」と納得して写真を撮ってくれた。わかってもらえて良かった~。

その後も歩く度に撮影ラッシュは続く。まさかここまで受け入れられるとは。やはり存在感の強さが勝利を導いたのだ!

多くの人に撮影してもらうだけで、今年のハロウィンがこれまでと決定的に違う点に気付いた。それは多くの警察官・ガードマンが配備されており、立ち止まるとすぐに移動するように促されることだ。大勢の人がセンター街に入って来るなかで、立ち止まったら交通の妨げになる。混雑を防ぐために、常に人の通りを促していた。

いずれにしても、今年は低クオリティの仮装で大勝利してしまった。多くの人に、タピオカとわかってもらえて光栄である。

小一時間センター街を楽しんだ後、我々は速攻で退散。編集部に戻って、お互いの背中の顔料を仲良く落とし合った次第である。オリンピックイヤーの来年のハロウィンは、どうなるのだろうか? みんなが楽しめるハロウィンであることを願う。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です