首里城火災に惜しむ声。沖縄出身のりゅうちぇるさん「僕たちの宝物。誇りでありシンボル」

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます正殿などが全焼した首里城

10月31日未明に首里城(那覇市)で発生した火災で、正殿や北殿、南殿などが全焼した。沖縄人の心のよりどころだった首里城の火災に、Twitter上でも惜しむ声が相次いだ。

 

沖縄出身のタレント、りゅうちぇるさんは、首里城の火災に動揺した様子で「言葉がみつからない」「僕たちの宝物。誇りでありシンボルのような存在」と連続投稿した。

 

メンバー全員が沖縄出身で、今も沖縄在住のバンド「HY」は、「悲しい」などとつぶやいた。

元「SPEED」メンバーの今井絵里子参院議員は、火災を報じる記事を紹介しつつ「驚きとショックで言葉になりません」と投稿した。

サッカーJ2所属のFC琉球は、公式Twitterで守礼門の前で選手らが並んだ写真とともに「少しでも早く鎮火することを願います」とつぶやいた。

プライベートや番組収録で5回ほど首里城を訪問したというタレントの田村淳さんは、「街の象徴でもあるお城が少しでも早く元の姿になる事を願います」と、再度復元されることを望んだ。

このほか、ツイッター上には火災前の首里城の写真が数多く投稿されるなど、焼失を惜しむ声があがっている。(執筆・中崎太郎)

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です