【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼が「初心者はまず御三家を育てるべき」と力説する理由

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もハイパーボックスを購入してるかな? お兄さんはアイテムが無くなったら迷うことなくボックスを購入しているんだけど「ほしのすな」「ルアーモジュール」「おこう」の時は当たりだよね!! 逆に「げんきのかたまり」「まんたんのくすり」だと泣きたくなるよ!

それはさておき、以前お伝えした「トレーナーバトルの理屈」についての記事は、みんな読んでもらえたかな? かなりわかりやすく解説したつもりだけど、今回はPVP特集の第2弾! トレーナーバトルの鬼に「初心者が育てるべきポケモン」を教えてもらったぞ。

・トレーナーバトルの鬼に聞く

この記事を読む前に「トレーナーバトルはあまりやらない」「PVPのロジックがよくわからない」という人は、以前公開した「トレーナーバトルの理屈」を、ぜひぜひぜひともご一読いただきたい。今回はまあまあ専門用語が出てくるので、前に読んでくれた人もおさらいの意味でもう1回読んでみてくれ!

さて、今回も解説してくれたのは「トレーナーバトルの鬼」ことAさんである。自ら「良個体発見くん」というプログラムを作成し、休日はひたすらPVPの研究に明け暮れるガチ猛者のAさんに、今回は「初心者はまず何から育てるべきなのか?」を聞いてみることにした。

──おかげさまでPVPの理屈については理解できました。今回はスーパーリーグ、ハイパーリーグ用に初心者がまず育てるべきポケモンを教えてください。

「そうですね。色々あるんですが、まずは御三家からでもいいと思います」

──御三家ですか。どの世代の御三家でもOKですか?

「はい、基本的に御三家はどの世代も強力です」

──なるほど。そもそものTDO(トータルダメージアウトプット)が高いのでしょうか?

「それもありますが、どれもとにかく “特別なわざ” が強力なんです。これまでみずタイプはハイドロカノン、ほのおたいぷはブラストバーン、くさタイプはハードプラントが習得できましたが、全てかなり強烈なんですよ」

──おお。そうなんですね。

「とくべつなわざを覚えるとDPT(ダメージ / ターン)が大幅にアップします。結果的にTDOが跳ね上がるんですね」

──ふむふむ。

「御三家に強力なわざを付与するあたり、ナイアンティックのポケモン愛を感じますね。実際のところはわかりませんが、御三家が強力なことは間違いありません」

・育てるべきポケモン

──なるほど。中でもオススメのポケモンはいますか?

「3つ挙げるなら、メガニウムフシギバナカメックスです」

──メガニウムが入るんですね。

「メガニウムは超強力です。全ポケモンの中でもスーパーリーグではTDO がベスト 10 に入るくらい高いんですよ。しかもCT が短いので抱え落ち(スペシャルアタックを抱えたまま負けること)のリスクが極めて少なく、安定して実力を発揮できるんですね」

──あんなのんびりした顔なのに……!

「特別なわざで “じしん” を覚えるのもいいですね。スーパーリーグで猛威を振るうトリデプスにも負けません。メガニウムはかなりオススメです」

──メガニウム育てたくなりました。ではフシギバナの理由は?

「フシギバナもスーパーリーグでベスト 30 に入るくらいTDOが高いです。しかも毒タイプなので格闘耐性があり、スーパーリーグで定番のチャーレム対策にもなります。嬉しいのがスペシャルアタックの “ヘドロ爆弾” で くさタイプの弱点がつけるため、タイマンならメガニウムにも勝てます

──おお、レイドでも使えるフシギバナは優秀だ。ではカメックスは?

「カメックスも TDO が高く、スーパーリーグでベスト 20 に入ります。何よりもみずタイプってのが良いですね。みずタイプが素晴らしいのは、弱点が少ないこと。くさとでんきのみです。くさの弱点が 5 つもあることとは対照的です」

──弱点を突かれないことは基本ですもんね。

「そうです。あとPVPは “はがねタイプ” が異常に強いんですよ。トリデプス、ジラーチ、エアームド……と厄介な奴らばかりなんですが、はがねタイプは水に対して耐性がないんですね。弱点でもないんですが、はがねの等倍をつけるというのは大きいです」

──ふむふむ。

「しかも、みずタイプははがねに耐性を持っている。隠れたはがね対策がみずタイプなので、みずタイプは重宝します。それとカメックスは “れいとうビーム” で、くさタイプの弱点をつけることも大きいです」

──カメックスつええ。

「さらに言うと、スーパーリーグで大人気のマリルリ(みず / フェアリー)はどくが弱点なので、アローラベトベトンを当てられることが多いんです。ただカメックスは毒が弱点ではないので、アローラベトベトンにも余裕で勝てます」

──育てるしかない。ちなみに、ほのおタイプは入って来ないんですか?

「残念ながら……。というのも、いまは “みずタイプ全盛期” で、誰と対戦してもほぼみんな1体はみずタイプを入れて来るんですね。みずが弱点のほのおタイプは、それだけで非常に使いづらいんです」

──ほのおタイプにはツラい時代ですね。

「また ほのおタイプは総じて攻撃力が高めに設定されているんですよ。なのでTDOが低くなってしまい、PVPでの活躍は厳しいのが現実です」

──せつねえ。では、強さ以外に御三家をオススメする理由はありますか?

「特別なわざの解放コストが安いことです。これは大きいです」

──そうなんですか。

「例えば伝説ポケモンの解放には、ほしのすな10 万とアメ100 個が必要です。ただ御三家は すな1万とアメ25個で済むんですよ」

──お得感ヤバいですね。

「比較的アメも集めやすいですし、巣もあるので本気を出せば選別もしやすいかと思います。なのでPVP初心者の方にはまず御三家の育成をオススメしたいと思います」

──説得力ありました。ちなみに特別なわざは12月のスーパーコミュニティ・デイ待ちですか?

「そうなりますね。昨年と今年の仕様が同じなら、期間中は特別なわざを覚えるチャンスです。それまでに良個体を確保しておくことが大切だと思います」

──フシギダネとゼニガメは復活しますかね?

「そこは祈るのみです」

というわけで、トレーナーバトル初心者は「御三家から育て始めると良い」というのが鬼のオススメだ。きっとこの記事を読んで、メガニウム、フシギダネ、カメックスを育てたくなったトレーナーは多いのではなかろうか? お兄さんは育てる気満々だ──。

なお、それぞれの良個体値については、ロケットニュース24のポケモンGO専用Twitter「ロケニューポケモンGO部」で公開してるから、ぜひそちらを参考にして欲しい。しばらくしたら「初心者が育てるべきポケモン第2弾」をお届けする予定だ。それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です