【東京モーターショー2019】ナンバープレート展の「飛鳥」と「出雲」のナンバーが猛烈にカッコイイ! 伝説の動物を使うなんてズルいッ!!

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます

2019年10月23日に開幕した、世界屈指の自動車の祭典「東京モーターショー2019」。25日からいよいよ一般公開がスタートしている。

会場には最新のテクノロジーを駆使した自動車が多数展示されており、美しいコンパニオンが出迎えてくれるのだが、ここでしか見られないものはほかにもある。それはレアなご当地ナンバーだ。図柄がカッコイイ! と話題になった「飛鳥」と「出雲」のナンバーも見ることができるぞ!

・ナンバープレート展

ナンバープレート展を実施しているのは、一般社団法人「全国自動車標板協議会」だ。2005年のから東京モーターショーに出展おり、今回で8回目の参加となる。

ブース内にはさまざまなナンバープレートが多数展示されている。なかでも注目したいのが、「地方版図柄入りナンバープレート」だ。

2018年10月に交付された全国41地域のご当地ナンバーに加え、2020年交付が予定されている、17の地域のナンバーも展示されている。

やはり目を引くのは、飛鳥(奈良県・田原本町など)と出雲(島根県出雲市など)の図柄だ。飛鳥ナンバーは「朱雀」をあしらい……

出雲ナンバーには「八岐大蛇(やまたのおろち)」が描かれている。

他のナンバーと比べると、図柄に “力” があり、思わず「お!」と声が出てしまう。車やバイクを所有してたら、このナンバーを付けたいかも。

・希望ナンバーの体験も

ちなみにブースでは、希望ナンバープレート体験コーナーがあり、希望ナンバーのネックストラップを作ることができる。

しかし、新しい17地域の図柄は選べないそうだ。う~ん、残念。八岐大蛇で作ってみたかった。車の撮影を存分に楽しんだら、休憩がてらナンバープレートの展示を見てみるのも良さそうだ。

参照元:一般社団法人全国自動車標板協議会奈良県磯城郡田原本町島根県出雲市
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です