360度カメラがとらえた画像から高精度でその位置を割り出せるクラウド3Dデータベース“もう一つの地球”、誤差は15cm以下【地図と位置情報】

おすすめ

このページは:約 1 分で読めます

 自動運転の実現のために、世界中のさまざまな地域で、機械向けの高精度な3D地図の整備が進んでいる。レーザーレーダー(LiDAR)によってあらゆる地物の形状を3D化するこれらの取り組みは、言わば現実をコピーして“もう一つの地球”を作ろうとしているかのようにも思えるが、これとは全く違ったアプローチで“もう一つの地球”をクラウド上に構築しようとしている企業が日本にある。
Source: INTERNET Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です