48年前の仕事始めの写真から、日本の働き方の変遷を振り返る(画像集)

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます

年が明けて5日。三ヶ日はすぎたが、今年は4、5日が土日に重なったこともあり、1月6日の月曜日から仕事始めという人が多いだろう。

約50年前の仕事始めの写真などから、私たちの働き方は変わったのかどうか、移り変わりを振り返る。

●東証大発会(1968年1月4日)

年始最初の取引日に開かれる、東京証券取引所の大発会の様子。2枚目は(1973年1月4日)、和服姿の職員が伝票の仕分けなどをする様子。女性職員が晴れ着を着る慣習は今でも残っている。

東京証券取引所の大発会(東京・中央区)仕事始めで伝票の整理などをする和服姿の職員(東京・中央区の東京証券取引所)

●東京消防庁の出初め式(1971年1月6日)

恒例となっている出初(でぞ)め式で、はしご乗りの妙技を披露する江戸消防記念会の人たち。2枚目(1973年1月6日)は、分列行進する消防官の姿も収められている。

出初め式ではしご乗りの妙技を披露する江戸消防記念会の人たち(東京・中央区晴海の中央通り) 東京消防庁の出初め式で分列行進する初参加の女性消防官(東京・中央区の晴海中央通り)

●電話局の電話交換手(1972年1月4日)

着物姿で、電話交換機を操作する交換手。当時、電話回線で通話する際、交換機の操作は全て交換手によって手動で行われていた。自動交換機の普及に伴って、機械に取って代わられた。

着物姿で仕事をする電話交換手の人たち(東京・千代田区の東京市外電話局)

●国鉄総裁の年頭訓示(1987年1月5日)

杉浦喬也国鉄総裁の年頭訓示。この年の4月からJRなどに分割民営化され、国鉄総裁としての最後の年頭訓示となった。

幹部職員を前に最後の年頭訓示を行う杉浦喬也国鉄総裁(左)(東京・千代田区の国鉄本社) 

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です