高速道路で運転中に眠くなった男性、その場にテントを張ってスヤスヤ、罰金。

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます

高速道路を運転しているときの最大の敵…言わずもがな、睡魔だ。

ひたすら直線を走り続けるだけだし、助手席のヤツは雑談したい時に限って勝手に寝てるし…そんな経験もあるのではないだろうか。

そんな眠さ対策に、中国で画期的(?)な解決法を編み出した男性が話題になった。

「眠いなら寝る」。シンプルすぎる方法で解決を図ったのだ。

澎湃新聞のテンセントビデオより

現地メディアによると、男性が奇行に走ったのは2019年の8月30日。

友人とともに中国・成都から貴州省へ向かうため、高速道路を走っていたが、重慶市を通りかかったあたりで、睡魔に襲われたという。

眠い。しかも車の中も暑い。男性は車を停めるとテントを取り出し、高速道路上に設営。そのままスヤスヤと眠りに落ちていったという。

この行為、当然ながら違法かつ危険。パトロール中の警察に発見されると、厳重に注意を受けた上、罰金200元(約3200円)などを課された。男性は「テントの方が寝る環境として良かったんだ」と供述しているという。

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です