織田信成さん退任、関西大学は“嫌がらせやモラハラ”認定せず「指導方法の行き違い」

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます

フィギュアスケート男子で活躍した織田信成さんが、2019年9月9日に母校・関西大学アイススケート部の監督を退任した際に、大学側が退任の理由を本人の意思に反して「多忙のため」と説明していた問題で、関西大学はハフポスト日本版の取材に対し回答。

「多忙」が原因としたのは公式の見解ではなく、「誤解を与えかねない表現だった」と陳謝し、織田さんが訴えていたモラハラ被害については「認定できなかった」とした。

織田信成さん

■多忙は「公式見解ではない」

織田さんは9月29日、自身の公式ブログで、関大アイススケート部の監督を辞任したことについて、「一部事実とは異なる報道がありましたので、自分の口から説明させて下さい」とし、退任に至る経緯を説明。

退任理由を「多忙のため」とした関西大学の説明を否定し「辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです」と明かした。

関西大学は、ハフポスト日本版の取材に対し、「多忙」とした退任理由は誤りだったと認めた。広報担当者によると、メディアから退任理由を問われた際、当時、織田さんの体調が優れなかったことから「お忙しいのではないか」などと回答していたという。

広報担当者は「公式の見解ではない。誤解を与えかねない表現で申し訳ない」と話している。

■ハラスメントは「認められなかった」

また織田さんが訴えていた嫌がらせやモラハラ被害については、大学側は関係者へのヒアリング調査を実施。広報担当者は「ハラスメントまでとは認められなかった。指導方法の行き違いと認識している」とした。

一方でこの調査は7月中には終わっていたが、織田さんに伝えられることはなかった。広報担当者は「織田さんの体調が優れなかったため、慎重に回答するタイミングを窺っていたところ、織田さんから一方的に辞めたいと申し出があった」と釈明している。

関西大学は同時に、メディア向けにリリースを出し「本学としてはこれからもご本人や所属事務所と話し合いを続ける用意があり、真摯に対応してまいりたいと考えております。引き続き、学生ファーストをモットーに、練習環境の向上に努めて参ります」としている。

 

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です