“牛丼の吉野家” の子会社の牛丼屋『牛若丸』でお店の名物「きつね牛丼」を食べてみました

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます

吉野家は牛丼、牛丼は吉野家である。そんな吉野家ホールディングスの子会社には、さまざまな業態の飲食店がある。たとえば、親子丼とからあげの専門店や、セルフ焼肉のお店など、本家とは異なる業態のお店を営んでいるはずなのだが……。

子会社スターティングオーバーが運営するお店には、なんと牛丼屋まであるという。マジかよ! 牛丼屋の子会社が牛丼屋をやってるの? ということは、吉野家のライバルにあたる訳!? よくわかんないけど食べに行ってみたら、本家にはない「きつね牛丼」という未知の丼に出会った。なんだ? きつね牛丼とは?

・都内に1店舗

お店は現在、都内に1店舗しかない。東京・池袋の商業施設「ロサ会館」の1階にある。実はここは以前吉野家の店舗だった場所で、2018年2月に子会社の牛丼屋「牛若丸」がお店を引き継ぐ形でオープンしたのである。

多くの吉野家ではレジで会計を行うのに対して、ここは券売機を店の外と中にそれぞれ1台ずつ設置している。

品ぞろえを見ると、辛子高菜明太マヨ牛丼(並盛400円)や、チーズソースたっぷりのチーズフォン牛(並盛490円)など、個性の強い牛丼を提供しているようだ。吉野家というよりも、すき家に近い感じだろうか。

それらのなかでとくに気になったのが、名物というきつね牛丼(並盛400円)である。

きつね? 牛丼なのにきつねとは。吉野家を含む他のチェーンでも、見たことも聞いたこともない牛丼メニューだ。ちょっと想像がつかないんだが、それ牛丼なの?

・厚揚げがのった牛丼

実際に注文してみたところ、実物を見て納得。なるほど、厚揚げがのっている牛丼だ。

厚揚げの存在感がハンパない! 主役は完全に厚揚げ、つまりきつね丼の牛肉トッピングみたいになってるじゃないか。

食べる時には十分に注意して欲しい。くれぐれも、いきなり厚揚げにかぶり付かないように。というのも。出汁がしっかりと浸みているうえにアツアツだからだ。口に放り込んだりしたら、悶絶する可能性も否めないので、まずは半割、さらに半分に切り分けてフーフーしてから口のなかにいれるべし。

厚揚げメインではあるが、肉はちゃんといる。下敷きにはなっているけど。味付けは吉野家よりもやや濃い印象。厚揚げの出汁と相まって、最後まで飽きることなく味を楽しむことができるだろう。

オープンから2年を経ても店舗が増えないのだが、できれば近くに欲しいお店だ。低めの価格設定で牛丼並盛290円は今のご時世で大変助かる。そして、ちょっとほかにはないメニュー構成も魅力的だ。

親会社の吉野家と肩を並べるようなチェーンに成長して欲しい。がんばれ牛若丸! オープン当初は100店舗達成したら、店名を「義経」に改名すると言っていたそうなのだが、ぜひともその夢を叶えて欲しい。

・今回訪問した店舗の情報

店名 牛丼 牛若丸
住所 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館 1F
営業時間 10:00~22:00
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です