村上春樹さんの『女のいない男たち』。オバマ元大統領の「2019年のお気に入りの本」に選ばれる。

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めますアメリカの前大統領、バラク・オバマ氏

アメリカの前大統領、バラク・オバマ氏が12月29日、自身が毎年恒例としている、1年間で気に入った本のリストをSNSで公開した。

2019年のリストには、作家・翻訳家の村上春樹氏の『女のいない男たち』が入った。

オバマ氏は、1年間で気に入った本・映画・音楽のリストを毎年恒例で公開している。

29日には、映画・音楽の発表に先駆けて、2019年にオバマ氏が気に入った本のリストが公開された。

公開されたのは38冊。その中で日本の作品は、作家・翻訳家の村上春樹氏の『女のいない男たち』が唯一含まれている。

村上氏の同作品は短編小説集で、愛した女性が去っていった後の男性たちを描いている。

作家・翻訳家の村上春樹さん

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です