昭和の時代に僕たちの心をアツくした懐かしい 「黄金戦士ゴールドライタン」などをロボットアニメ酒場「ROBOT KICHI」で展示

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます
1

ロボットアニメーション酒場『ROBOT KICHI』(ロボキチ))において、玩具を主とした博物館 おもちゃのまちバンダイミュージアム(栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち)所蔵のコレクション「黄金戦士ゴールドライタン」シリーズなどを期間限定展示することが決定した。期間は9月18日(水)~10月22日(火)までを予定。

本企画は、『ROBOT KICHI(ロボキチ)』で展示中の最新のロボットフィギュアやロボットプラモデルと合わせ、子供時代に熱狂した昭和当時のロボットを展示し今昔話で楽しむ企画。復刻版とはひと味違う、昭和の玩具の存在感を楽しみながらおいしい料理とお酒を味わってみてはいかがだろうか。展示品は全て撮影可能。

■展示品
1、「黄金戦士ゴールドライタン」シリーズ
1981年~82年に放映された「黄金戦士ゴールドライタン」は、当時のこどもの憧れの“大人の持ち物”であるライターとロボットを組み合わせるという斬新な発想から大ヒット。変形ギミックをそのままに玩具にした「超合金ゴールドライタンシリーズ」も爆発的なヒットとなった。シリーズはアニメ登場ライタンから、オリジナルに広がりを見せ、その黄金に輝くボディは当時の子供たちのステイタスでもあった。

2、ジャンボマシンダー・ポピニカシリーズ
ジャンボマシンダー展示は「超電磁ロボ コン・バトラーV」と「闘将ダイモス」。コン・バトラーVはポピニカとして発売された合体メカも当時話題となった。今回展示される約60cmのジャンボマシンダーは実際に見ると迫力満点!ロボットの魅力が精巧さだけでないことを再認識できる。往年のロボット玩具の「大きさ」の魅力を確認しよう。

その他にも「超電磁マシーン ボルテスV」「とんでも戦士ムテキング」「闘士ゴーディアン」など当時の人気アイテムを展示する。詳細、追加情報は公式Twitter(https://twitter.com/eizou_ROBOKICHI)で告知される。

■店舗概要
店舗名 :ROBOT KICHI(ロボキチ)- Robot Animation SAKABA-
営業時間 :平日 17:00 ~ 24:00 / 土・日・祝日 16:00 ~ 24:00
席数 :46席(約103㎡)
住所 :東京都豊島区西池袋1-10-15 3階
電話番号 :03-5955-4644

2

3

ロボキチ概要2

ロボキチ概要3

ロボキチ概要4

ROBOT KICHI(ロボキチ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東京ゲームショウ2019ドコモブースオープニングイベントを開催
「バーチャルキャスト」が東京ゲームショウ2019 TSUKUMOブースに「バーチャル写真館 in TGS2019」を出展
ウルトラマンの原点『ウルトラQ』が史上最高画質の極みへ!『ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX』
aiboと触れ合える体験型企画「Shibuya Town with aibo」をソニースクエア渋谷プロジェクトで実施
今度のきのこの山って一体、何味なんだ???「きのこの山謎のホワイト」が登場






Source: ITライフハック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です