新型コロナ、LINEの特別アカウントが入った携帯をクルーズ船乗客に配布 医師への相談や心のケアが可能に

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます新型コロナめぐり、ダイアモンド・プリンセス号の乗客に配布された携帯に搭載されたLINE特別アカウント

新型コロナウイルス(COVID-19)で乗客が船内待機を強いられている大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」に、LINEの特別アカウントが設定されたiPhoneが2月14日、提供された。各客室に1台とクルー全員分の計約2000台が配布されたという。LINEがハフポスト日本版の取材に明らかにした。

配布されたiPhoneからしかアクセスできない特別なLINEアカウント「厚労省コロナウイルス対応支援窓口」がプリインストールされ、医師らへのアクセスがしやすくなる。

LINE公共対策広報チームによると、このアカウントを通じて、医師や看護師、カウンセラーに新型コロナウイルスをめぐる心のケア相談、医師への相談予約、薬の要望受付などができる。
高齢者にも使い方がわかるような紙の資料とともに配布されたという。

厚労省がソフトバンク株式会社とLINE株式会社の協力のもと同号に提供した。

なお、Twitterなど他のSNSツールはプリインストールされていない。
特別アカウントの利用に特化した形で、インストールしない限り、こうしたツールは使えず、グループメッセージもできないという。

ダイヤモンド・プリンセス号を巡っては、朝日新聞や読売新聞など各種新聞やタオル、水など寄付物資が届けられている。

同号では、2月13日までに713人の検査結果が出ており、218人の陽性が確認されている。

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です