台風17号に備えて 停電によるダメージを抑える方法まとめ

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます

2019/09/21 12:52 ウェザーニュース

台風17号が西日本や北日本に接近するおそれが出てきました。前回の台風15号(千葉の大規模停電)ほど被害は拡大しない見込みではあるものの、一部では停電発生が懸念されています。

停電が長引くと生活に大きなダメージが生じるため、あらかじめ対策をしておくと安心です。

電源の確保

乾電池やモバイルバッテリーなどで電源の確保に努めてください。手回しで充電できるタイプのラジオがあるとより安心です。

スマートフォンの電池が切れると大事な情報源・通信源がなくなってしまいます。今のうちにフル充電をして、節電モードで利用してください。

電灯の確保

日が沈んだ後に停電になると、周囲は暗闇になって大変危険です。懐中電灯などを手の届く範囲に準備しておいてください。

生活用水の確保

マンションではポンプで給水をしている場合があり、停電に伴って断水するおそれがあります。

飲用やトイレ用にバケツや湯船に水を確保しておくと安心です。

熱中症対策

22日(日)以降は台風が引き込む暖気によって気温が上がる見込みです。

停電が思いのほか長引いてしまうと、エアコンや扇風機などが使用できず、危険な状態になります。

熱中症対策として電池で駆動する携帯用扇風機や保冷剤を備えておくと安心です。
>>今いるところの天気・気温

冷蔵庫は極力開けない

冷蔵庫は停電しても2~3時間は冷気を保てますが、夏場はドアを10秒開けただけで中の気温が1℃上がるといわれています。

停電中は冷蔵庫を極力開けないようにしてください。

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です