台湾で長さ140mのアーチ橋が一瞬で崩落。少なくとも10人負傷(動画)

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます

台湾東北部の宜蘭県で、長さ140メートルほどの橋が一挙に崩落する事故があった。現地の報道などによると、橋の上を通行していた車などが巻き込まれ、少なくとも10人が怪我を負った。現場では救助活動が続いている。

台湾の中央通訊社が崩落の瞬間を捉えた動画を掲載している。

崩れたのは宜蘭県の「南方澳跨港大橋」。橋は一気に崩れ、大きな波しぶきが上がっている。橋の下に停泊していたと見られる船も下敷きになっているのが見える。

中央通訊社の報道によると、この事故で複数の人が海に落ち、10人が怪我を負った。このうち6人が重傷で、4人が軽傷だという。他にも救助を待つ人がいるとみられ、救助活動が続けられている。

宜蘭県の観光情報サイトによると、南方澳跨港大橋は長さ140メートル、幅15メートルの鋼製単アーチ橋で、1999年に完成した。イルミネーションが施され、観光漁業の発展にとっても重要な橋だと説明されている。

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です