八村塁が所属するワシントン・ウィザーズ、日本語版の公式サイトとTwitter開設「日本のファンに魅力を伝えたい」

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます

バスケットボール・八村塁選手が所属するNBAワシントン・ウィザーズが9月30日、日本語版の公式サイトとTwitterを開設した。

 

WASHINGTON, DC - SEPTEMBER 30: Rui Hachimura #8 of the Washington Wizards poses during media day at Medstar Wizards Performance Center on September 30, 2019 in Washington, DC.  NOTE TO USER: User expressly acknowledges and agrees that, by downloading and/or using this photograph, user is consenting to the terms and conditions of the Getty Images License Agreement. (Photo by Rob Carr/Getty Images)

アカウント名は「ワシントン バスケットボール」。メディアデーの様子や、チームのエース、ブラッドリー・ビール選手との2ショット写真などがすでに投稿されている。

公式サイトで「日本のファンに八村選手とウィザーズの魅力を伝えるために立ち上げた」と説明。日本で知名度が高い八村選手をきっかけに、NBAに関心を持つファンが増えることを見据えて、日本語でも情報発信する。

公式サイトは、所属選手や試合情報などを日本語でも掲載している。日本語版の立ち上げに伴い、スポーツキャスターのザック生馬氏を、ウィザーズの公式特派員として迎えたことも発表した。

今後は、公式サイトで試合前後のインタビューや、ウィザーズの選手やコーチが出演するポッドキャストを配信する。TwitterやFacebookでは、八村選手や他の選手の情報や写真を掲載するという。

ウィザーズは「HPを通じて、八村選手自身の語学力を生かしながら、八村選手、ウィザーズ、そしてNBAの魅力をより多くの日本のファンに伝えていきたいと思っています」と日本語でつづっている。

ワシントン・ウィザーズの英語版Twitterでもすでに、ザック生馬氏が八村選手に日本語でインタビューする動画が投稿されており、日本のファンを意識した対応が随所に見られている。

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です