プロ野球ロスの人にオススメ! 横浜DeNAベイスターズが制作したドキュメンタリー映画は「選手たちの素顔」を見られる貴重な一本

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます

すっかり野球もオフシーズン。今年はプレミア12の開催で少し長く野球を楽しめたが、年末モードに入るとさすがに話題も少なくなる。今の時期に野球ファンが楽しみにしていることといえば、契約更改で年をまたぎそうな選手の話と12月30日の『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達(TBS系列)』くらいだろう。

しかし、一部のファンは数年前からオフシーズンの過ごし方に変化があったのではないか。そう、2012年から横浜DeNAベイスターズが制作している「ドキュメンタリー映画」の存在である! もちろん今年も、クオリティーの高い映像『FOR REAL』が公開されるぞ〜!!

・『FOR REAL』とは

カメラがチームに1年を通して完全密着し、限界まで潜入することで表舞台では決して見られない映像をとらえた『FOR REAL』。日本のスポーツ界で異例の取り組みとあって、貴重な映像は毎年のように注目を浴びている。

そして今年は『FOR REAL-戻らない瞬間、残されるもの。-』のタイトルで公開予定だ。Bクラスに終わった2018年から22年ぶりセ・リーグ2位へと上り詰めるまで──。先日、マスコミ向けの試写会があったので一足先に映画を見たところ、濃厚な……いや、濃厚すぎる1年が収録されていた。

ネタバレになってしまうから詳しくは言えないのだが、ご存じのようにチームの柱でキャプテンの筒香嘉智選手が今季限りで退団。小さい頃からの夢であったメジャーリーグに挑戦することで、球団はもちろん選手たちも “今年” にこだわる思いで戦った。

暗黒時代に “筒香嘉智” という光がベイスターズに差し込んできてから10年……。いまや筒香選手は「日本を代表するスラッガー」にまで成長したが、その集大成が詰まっていると言っても過言ではない。

『一生残る、一瞬のために』をスローガンに掲げて頂点を目指す男たち。シーズン序盤に喫した10連敗から、いかにしてチームは立て直されたのか。続く鬼門の交流戦からリーグ終盤、クライマックスシリーズでの戦いと一瞬たりとも目が離せない。

手の届くところまで見えていた「優勝」を死ぬものぐるいで手に入れようとする姿、それから筒香選手の最後の打席……。栄光と挫折の表裏一体で選手たちは何を思っていたのか。もちろん、他にも見どころは盛りだくさんで選手たちの意外な素顔まで収録されている。

時に笑って、時にホロリと泣ける。やっぱりプロ野球っていいなぁ……。2時間弱の大作を見終えて、そう思わずにはいられなかった。

・プロ野球ロスのオススメ

なお、映画は12月20日より公開。北は北海道から南は福岡まで、14カ所の映画館で上映される。また、DVDとBlu-rayも発売予定(詳細はスペシャルページで)なのでプロ野球ロスの人は必見だ。

参照元:YouTube、Instagram @baystars_officialFOR REALスペシャルページ
執筆:原田たかし


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です