ソフトバンク、NVIDIAと協業してクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます
ddafebd6ef3b064a025028fd033cb5e8_s

ソフトバンクは、NVIDIAと協業し、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW(ジーフォースナウ」の日本版サービスとして、2019年冬からβ版サービス(無料)1を、申し込んだ人の中から抽選で提供する。

β版サービスの提供に先立ち、2019年9月19日から申し込み受け付けをウェブサイトで開始する。

「GeForce NOW Powered by SoftBank」はキャリアフリーで楽しめるサービス。「GeForce NOW」は、NVIDIAが世界で展開するクラウドゲーミングサービスで、ゲームで遊ぶときに発生する負荷がかかるデータ処理を「GeForce NOW」のサーバー側で行った上でストリーミング配信するため、高負荷な処理ができないパソコンやタブレット、スマートフォンなどデバイスの種類を問わずに、高性能を要求するゲームがいつでもどこでも楽しめるようになる。現在、北米と欧州で「GeForce NOW」のβ版サービスが提供されており、約500タイトルのゲームがサポートされている。

こうした中、ソフトバンクは「高速・大容量」「低遅延」の通信が可能になる5G(第5世代移動通信システム)時代の新たなゲーム体験の実現に向けて、NVIDIAと協業して「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供することとなったとのこと。

「GeForce NOW Powered by SoftBank」の詳細は、ウェブサイトや公式Twitterアカウント@softbank_gfn)で順次告知される。

GeForce NOW Powered by SoftBank

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東京ゲームショウ2019で出会ったキレイなおねえさんたち(その3)
東京ゲームショウ2019で出会ったキレイなおねえさんたち(その2)
東京ゲームショウ2019で出会ったキレイなおねえさんたち(その1)
東京ゲームショウ2019ドコモブースオープニングイベントを開催
「バーチャルキャスト」が東京ゲームショウ2019 TSUKUMOブースに「バーチャル写真館 in TGS2019」を出展






Source: ITライフハック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です