スマホでいつでもどこでも相撲観戦!!日本相撲協会公式スマホアプリ「大相撲」が幕下上位5番を含む十両の取組の配信を開始

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます
main

日本相撲協会とドワンゴが共同で運営する、日本相撲協会公式スマートフォンアプリ「大相撲」は、幕内の取組ムービーに加えて幕下上位5番を含む十両の取組ムービーを令和元年十一月場所より配信開始した。

日本相撲協会公式スマートフォンアプリ「大相撲」は、本場所中に十両土俵入り以降の全取組ムービーを各取組終了後に随時配信。相撲に精通したライターによる各取組の解説とともに、その日の取組の様子を1日1取組限定で振り返ることができる。また、タニマチ会員(有料会員)は平成二十二年五月場所から最新の本場所まで無制限に楽しむことができ、見逃してしまった取組から、話題を呼んだ過去の取組まで、スマホでいつでもどこでも相撲観戦を楽しむことができる。

今回ついに、取組ムービーの配信範囲が幕内のみから、幕下上位5番を含む十両まで拡大。これにより、年間で3600取組が視聴可能になり、これまでの約2倍の取組を相撲に精通したライターによる解説とあわせて楽しむことができるようになった。過去の幕下上位5番を含む十両の取組ムービーも順次配信範囲の拡大を予定している。

また、お気に入り力士の登録で勝敗をリアルタイムに把握できる『ごひいき』機能では、取組ムービーを見るまで勝敗を知りたくない方向けに、取組終了後でも「ごひいき力士の取組が終わりました。」のプッシュ通知からアプリを起動することで、結果が画面上に表示されない設定のまま取組ムービーを視聴できる。その他にも取組ムービーからすぐに気になる力士の情報が調べられるなど、相撲ファンのみならず、力士本人や、親方にも愛用者の多い本アプリが、幕下上位5番を含む十両の取組ムービーの追加により、さらに便利で楽しめるようになった。

■日本相撲協会公式スマートフォンアプリ「大相撲」 配信概要
タイトル:日本相撲協会公式アプリ「大相撲」
対応端末:AndroidX4.03以上、iOS10.0以上
価格:無料 
※月額有料会員(タニマチ会員): Google Play525円(税込)、App Store600円(税込)

Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.dwango.sumo
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/id775745258

sub1

sub2

日本相撲協会公式アプリ「大相撲」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
超名門「筑波大学附属小」×「るるぶkids」の初コラボ!『小学生特派員が東京の見る、知る、遊ぶを徹底取材!こども目線のおすすめスポット31』を公開
よりアグレッシブに楽しさ満載!スポーツから音楽番組までスカパー!が変わる「スカパー! メディアラウンドテーブル 2019・秋」開催
キャッシュレスの浸透により募金の機会が減少!? 店頭募金に代わる“新しい支援方式”への期待が高まる~マクドナルド調べ~
大阪府吹田市でニコニコ町会議〝千秋楽”を開催!今年も西川きよし、村上ショージなど「よしもと芸人」が多数出演
これからの季節「秋冬のお肌のアンチエイジング」は1日3杯のレギュラーコーヒーが重要






Source: ITライフハック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です