ゴーン被告の妻に逮捕状を取得。偽証容疑(東京地検特捜部)

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めますカルロス・ゴーン被告

東京地検特捜部は1月7日、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の妻キャロル・ナハス容疑者の逮捕状を取った。NHKなど複数の日本メディアが報じた。

日本経済新聞などによると、逮捕状の容疑は2019年4月に東京地裁で開かれたゴーン被告の会社法違反(特別背任)事件の証人尋問で、虚偽の内容を証言した疑いという。

ゴーン被告は事件は「自分の失脚を狙うクーデター」だと主張し、8日午後10時(日本時間)に逃亡先のレバノンで記者会見を開く予定。キャロル容疑者は、ゴーン被告とともにレバノンに滞在しているとされている。

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です