【診断】当てはまったらクズ野郎? クズ共に「やってしまいがちな癖」を聞いてみた!

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます

「屑(くず)= 欠片や布の切れはしなど、残りカス。」

いわゆる何の役にも立たないものを指すこの言葉。だが、人間をこう呼ぶ場合は、役に立たないだけではなく、さらに価値が落ちて「迷惑をかけるヤツ」というようなマイナスのイメージとなる。

多くの人は「できることならクズには関わりたくない」と思っているのではないだろうか。そこで、初対面の人をクズかどうか見極めるため、クズ共にやりがちなことや癖を聞いてみた

・佐藤英典がやりがちなこと

佐藤英典はクズである。クズ伝説が存在するほどのクズである。私(中澤)は37年間生きてきて、初めて伝説を持ってるクズに会った。そんな “レジェンド・クズ” 佐藤英典氏は以下のことをやりがちだという。

「大抵の駅の最寄りの喫煙所は完ぺきにアタマに入っている」

──道に詳しい人や迷わない人はかっこよく見える。しかし、スタスタ歩いて行った先が喫煙所だったら、そいつはクズだ。注意しよう。

・原田たかしがやりがちなこと

原田たかしの穏やかな口調を聞くと、とてもクズとは思えない。しかし、この男こそ、真人間のフリがうまい一番厄介なクズだ。その証拠に、週末は競馬三昧で、競艇に10万円ぶっこんだことも。くすんだ目の色に人間性が現れていると言えるだろう。そんな “賭博クズ” 原田のやりがちなことは以下である。

「物事をカイジになって考える」

──未知の世界を知っているという部分にミステリアスさを感じる人は多いだろう。しかし、やたらと「感謝」とか「圧倒的」とか連呼する男は要注意

・Yoshioがやりがちなこと

Yoshioはとてもアホである。笑えるのを通り越して震えが来るほどのアホである。まさに本来の意味でクズと言えるだろう。

人参の欠片、布の切れはし、Yoshio──国語辞典で「屑」と引いた時、意味にそう書かれていたら思わず納得してしまいそうだ。そんな “社会の藻屑” Yoshioがやりがちなのは以下とのこと。

「日曜日始まりのカレンダーがムカツク」

──何言ってんだコラ! わがままかコラ! 算数のドリルできてから言えコラ!!

・P.K.サンジュンがやりがちなこと

P.K.サンジュンは「俺はクズだからね」とよく言う。記事でも「褒められた人間ではない」と枕言葉のように書いている。

しかし、こういう輩は往々にしてその後に次のような言葉を隠しているものだ。「でも、お前よりはマシだ」と。このクズが! そんな “ジャスティス・クズ” P.K.サンジュンのやりがちなことは下記。

「月曜始まりのカレンダーがムカつく」

──言うことに筋が通っている男は正しく見える。しかし、言うことがいくら正しくとも、カレンダーに文句言うヤツは基本的にクズだ

・和才雄一郎がやりがちなこと

和才雄一郎はクズではない。性的なことに異常な関心を示すということ以外は極めて真人間だ。それだけに、私は和才がたまに怖くなることがある。心の中ではどう思っているのか本気で分からないのが和才だからだ。そんな “腹黒クズ” 和才雄一郎がやりがちなことは以下の通り。

「トランクスはXLしか買わない」

──器のデカさは男の魅力だ。しかしながら、パンツがデカイだけの場合も多い。誤魔化されないように気をつけよう。

・あひるねこがやりがちなこと

あひるねこはイケメンである。すなわちクズだ。しかも、たまに眉毛描いてたりする。すなわちクズだ。しかもしかも、コミュ力があって文才もある。全部持ってんじゃねえよ! うんこクズがァァァアアアァァァアアアアアア!!

サブカルのマンガが好きでスヌーピーが好きという対女性兵器でありながら、男の飲み会のノリにも対応できる。お前は『ハチミツとクローバー』の登場人物かなんかなのか。死ねばいい。そんな “ハチクロ・クズ” あひるねこのやりがちなことは以下である。

「自宅でスリッパを二足使い分ける」

イケメンは死ねばいい。

・GO羽鳥がやりがちなこと

ロケットニュース24編集部の中でも、サラリーマンになれない男No.1がGO羽鳥だろう。

GO羽鳥だけは一般社会に出してはならない。普通の会社に就職させてはならない。きっと会社側に迷惑がかかるから。言わば、ロケットニュース24はGO羽鳥を閉じ込めておくための牢獄と言っても過言ではない。そんな “怪物級クズ” のGO羽鳥がやりがちなことは以下。

「とんかつ屋で塩が置いてないとキレる」

──違いの分かる男は時に魅力的に見える。とは言え、とんかつ屋でキレてるヤツがクズじゃないわけがない

・中澤星児がやりがちなこと

ここまで読んだ人はすでにお分かりかと思うが、私、中澤はクズである。イケメンや才能には嫉妬し、世の中を斜に見ないと気が済まない。あまつさえ、37歳にして売れないバンドを続けるバンドマンだ。そんな私がやりがちなことは以下である。

「こういう記事書いてる時が1番楽しい」

──以上、クズ共がやりがちなこと8選をお届けした。出会った時は良い人だと思ったのに……。そんなことにならないためにも、クズと関わり合いになりたくない真人間の皆さんは参考にしていただけると幸いだ。

また、上記について「あるある」と思ってしまった人は気をつけた方が良いだろう。当てはまってしまう人はひょっとしたらクズかもしれないぞ。さて、あなたは本当に真人間だろうか

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です