【缶詰マニア】「さんま蒲焼」缶詰食べ比べ第2回! マルハ vs ちょうした / あるいはプロ格闘家とケンカ殺法の殴り合い

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます

缶詰が好きだ。安いしウマイし保存がきく。貧乏1人暮らしが長かった私(中澤)は、何度命を救われたことか知れない。缶詰を愛している。

中でも、コンビニやスーパーに必ず並んでいるのがさんま蒲焼だ。複数の会社が出しており、いずれも安定のウマさを誇るこの缶詰。はたして、一番ウマイのはどれなのか? 「マルハ」と「ちょうした」を食べ比べてみたぞ!

・タレが違うッ!

以前の記事で、キョクヨー、マルハ、ニッスイが出しているさんま蒲焼を食べ比べた私。そんなに違いがないかと思いきや、『マルハさんま蒲焼(税込み213円)』だけが圧倒的にウマかったことをお伝えした。

あくまで個人的な見解だが、マルハはタレが違う。なめらかなとろみのあるタレが、さんまの身を包むように絡んで濃厚な味を演出するのだ。他の缶詰のサラッとしたタレでは太刀打ちできないレベル。ああ思い出しただけで白ご飯が欲しくなる。

・異論ありッッ!

だが、そんな食べ比べの結果をレポートした記事に、以下のようなコメントが殺到した。

「ちょうした食わずしてサンマ缶語るなかれ」
「何故にちょうしたがない?」
「ちょうしたはどうした?」
「ちょうしたが無い…」
「ちょうしたが無いって片手落ちにも程がある」

──などなど、「ちょうした」のさんま蒲焼を猛烈にプッシュしている声が。どうやら、さんま蒲焼缶詰と言えば「ちょうしたが最強」という定説があるようだ。マルハもかなりウマイと思うんだけど、そんなに凄いのか「ちょうした」……。

しかし、コンビニやスーパーを数店舗回っても「ちょうした」のさんま蒲焼を発見することはできなかった。近所のスーパーにも売ってないしなあ……。仕方がないので Amazon で購入。田原缶詰のHPでは小売り価格220円だが、なぜかAmazonで1個からの購入は468円だった。レアなのかもしれない。

・役者は揃ったッッッ!

それはさて置き、準備が整ったところで、前回の王者マルハと食べ比べてみよう。そこらへんのコンビニで買ってきたマルハは、相変わらず濃厚な甘辛さのあるタレが身に絡んで安定の味だ

さんま蒲焼缶詰の中で、マルハのタレだけに使われているコーンスターチさんが今日も良い仕事をしているようである。やはり何度食べてもマルハのタレは違う。

ちなみに、「ちょうした」の原料にはキョクヨー、ニッスイと同じく糊料が使われているようだ。

さて、では「ちょうした」はどう攻めてくるのか? 食べてみたところ……

確かにウマイ

口当たりの優しいタレがふわっと舌を包み、その後をさんまの味が追いかけてくる。素材の旨みを活かすようなタレだ。さらに、クオリティーの高さを感じるのは、身自体にタレの味がしみまくっていること

噛むとジュワッとくるこのしみしみ度は明らかにNo.1! タレが優しいだけに、抜群に上品な味に仕上がっている。調味料が同じと言えど、これもまたキョクヨー、ニッスイの比ではない。では、ディフェンディングチャンピオンのマルハと比べるとどうか

・地上最強のさんま蒲焼はどいつだッッッッ!

個人的な見解となり恐縮だが、これは甲乙つけがたい。なぜなら、前述の通り、マルハのタレには圧倒的なオリジナリティーがあるからだ。

上品かつ美しい切れ味を誇る「ちょうした」に対し、ジャンクかつ濃厚な個性で攻める「マルハ」。さながら、プロ格闘家対ケンカ殺法の殴り合いを見ているようだ。もはや『刃牙』なみの胸アツバトルである

缶詰はただの保存食ではない。そこにはそれぞれの物語が詰まっている。今回もそんな物語を知ることができた。200円ちょっとの価格は非常に安いと言えるだろう。

執筆:缶詰研究科・中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です