【知らんかった】食品は税率8%じゃないの!? オマケつき菓子を買ったら10%税だった / 食玩や駄菓子には軽減税率にならないものも…8%税の食玩はコレだ!

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます


2019年10月1日、消費税が8%から10%へと引き上げられた。ただし、今回の増税はややこしい! 食品など一部の商品は軽減税率8%となるのだ。

「そっか~、食べ物は8%なのか!」とザックリ覚えてスーパーへGO! 食玩を買ったら、あら!? 同じお菓子でも税率が8%と10%のがあるじゃないか!

・食品なのに8%と10%がある

「ガム1枚にフィギュア1個」というような食玩なら、まぁなんとなくわかる。意味不明なのは同じお菓子、たとえば「ウエハースチョコ1枚+シールorカード」という似たような構成のお菓子でも10%と8%があるということだ。

ためしにカードやシールの入ったウエハースチョコを9種類購入したところ、8%税率はビックリマンチョコとポケモンチョコのみ! ラブライブ、ワンピースなど残りの7種類は10%であった。なんでや!? ビックリマンは食品やけど、ラブライブは食品と認めんっちゅうことか!? 

・その理由

国税庁の増税Q&A資料によると、食品と食品以外の資産が一体として販売されるものを「一体資産」と呼ぶそう。食品以外のものがくっついてくると、一定の条件を満たさないと軽減税率の対象外になるそう。その条件は

「①一体資産の譲渡の対価の額(税抜価額)が1万円以下であること

② 一体資産の価額のうちに当該一体資産に含まれる食品に係る部分の価額の占める割合として合理的な方法により計算した割合が3分の2以上であること(国税庁 資料より引用)」

を満たせば、軽減税率が適用されるという。食玩の場合は、1万円を超えるということはまずないので②を満たしているかどうかがキモということ。

要するに食品部分の価格が商品価格の3分の2以上であれば消費税8%、3分の2より小さければ10%になるということ。そう言われてみると、同じウエハースでも消費税が10%になっているものは、チョコが薄くてシールやカードなどのオマケが大きく豪華だった。

・税率8%のお菓子はコレだ!

ということで、大手スーパーの売り場でオマケつきお菓子の価格をチェック! 売り場にあった50種類以上ある食玩のなかで、税率8%だったのは……

『ビックリマンチョコ』
『ポケモンチョコ』


──以上!

ほぼほぼ10%でした。日本中すべての食玩をチェックしたわけではないが、それにしても少ない。食玩はオマケがメインということか。食玩は、だいたい消費税10%。そう覚えておいた方が早いかもしれない。

参考リンク:国税庁 Q&A資料(PDF)
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です