【牛乳使って支援しよう】チーズにバター、ヨーグルト…自家製乳製品に挑戦!

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます「もう一杯」の牛乳が、酪農家さんの支援につながります。

新型コロナウイルスによる休校や休業により、学校給食や外食産業における牛乳、乳製品の消費が減少しています。実は、乳牛の出産は春先にピークを迎え、出産後約1~2カ月頃の乳量が最も多いため、4月、5月、6月…まさに今が生乳生産量のピークなのです。

生乳の廃棄などの食品ロスを最大限防ぎ、酪農家のみなさんを支援するための様々な取り組みが行われています。乳業メーカーでは牛乳を使ったレシピを紹介。学校給食で提供される予定だった牛乳を、スーパーで割安で販売する動きも。

酪農家の支援につながる「もう一杯」。今回は、生クリームからバターを手作りしてみました。