【検証】「iPhone11 Pro」と「Google Pixel3」で撮影動画を比較してみた

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます

2019年9月20日に発売開始となったアップルの新しい端末「iPhone11」「11 Pro」「11 Pro Max」。11 Proおよび11 Pro Maxは、3つのレンズが付き、超広角(×0.5)の撮影が可能となった。以前の記事で 11 Proと「Google Pixel3」、それぞれで撮影した写真の比較を行ったのだが、今回は動画撮影で性能を比較してみたいと思う。

・iPhone 11 ProとPixel3で動画比較

撮影場所に選んだのは、私(佐藤)が普段利用している、ポールダンスの練習スタジオ。

2台の端末で同時に撮影を行い、私の練習の1部を録画することに挑戦した。Google Pixel3 はデフォルトの倍率(もっとも低い倍率)、11 Proは超広角(×0.5)で撮影を行う。

あいにく三脚を2つ持っていなかったので、端末をヨガブロックに2台を並べて立てかけている。

端末をセッティングした段階で画角を確認してみると、その差はすでに歴然。Pixel3はもう少し後ろまで下げないとポールの上から下まで収まらないところ、11 Proは楽々ポールの全長が画角に収まっている。横に置いている荷物の一部まで入っているじゃないか。

従来のスマホなら、撮影時に被写体の後ろに写り込むはずのなかったものが、この超広角では良くも悪くも写り込むことになるかもしれない。写真だけでなく動画でも超広角が使えるのは、結構画期的なことではないだろうか。さて、実際に撮影してみると……。

画角だけを比べたら、もうまったく別次元。トリプルレンズの見た目はあまり格好良くはないけど、超広角の性能には目を見張るものがある。

・問題はやっぱり価格

私は普段、iPhoneSEに広角のクリップレンズを付けて、練習の出来栄えを撮影しているのだが、この超広角レンズを使えばクリップレンズを使う必要がなくなる。私と同じように練習を撮影するダンサーや、そのほかスポーツや演技関係で習慣的に撮影する人にとっては、使える端末と言えるだろう。

人物の撮影に限らず、風景の撮影にも威力を発揮しそうだ。とはいえ、11 Proのもっとも安いモデルでもアップルで購入する場合、10万円を超える。Pro Maxなら約12万円。クリップレンズを買った方が、断然経済的なのは言うまでもない。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です