【検証】「iPhone11 Pro」と「Google Pixel3」で撮影した画像を比較してみた

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます

2019年9月20日に発売開始となった「iPhone11 Pro」。この端末は、iPhone史上初となる3つのレンズを備えている。ちょっと見た目が不気味ではあるものの、広角・超広角・望遠のトリプルカメラシステムを採用しているという。

そのカメラ性能に期待が持たれているが、昨年発売した「Google Pixel3」と比べると、どれほどのものなのだろうか? シンプルに撮影した画像を比較してみた。

・タピオカ?

3つレンズが寄り集まっている見た目は、あまりカッコいいと言えない「iPhone11 Pro」。発表直後にネット上では「タピオカ」と言われていたのだが、実物を見ると確かにそのように見えなくもない。また、真横から見ると結構出っ張っている。スティーブ・ジョブズが存命だったら、このデザインを許しただろうか……。

・通常倍率

さて、まずは通常倍率で撮り比べてみる。

蛍光灯で照らされた室内、玄関の方に向かって同じ位置から撮影してみると、それほど大きな違いはないように見える。

続いて、同じ位置から最大倍率でズームしてみると……。

iPhoneの方がより大きく写る反面、色合いがやや暗く見える。また、画像が少々粗く見える。

・ポートレートモード(人物)

続いてポートレートモードで人物の撮影。それぞれの端末で、撮影時に多少明るさを調整している。

ボケ味は、Pixel3よりもiPhoneの方がより自然な印象を受ける。Pixel3は若干力技でボカしている感が否めない。

・ポートレートモード(物)

続いて、同じくポートレートモードで物(シュークリーム)を撮影してみた。こちらも撮影時にカメラアプリで明るさを調整している。

iPhoneはかなり明るくしないと、シュークリームが石のように見えていた。一方、Pixel3はやや強引なボケ味ではあるものの、シュークリームの皮がより自然なものに見えている。

・戸外

最後に戸外を通常倍率で撮影してみた。明るさの調整は行っていない。

iPhoneの方がより明るく見える。戸外の明るさについては好みの分かれるところではないだろうか。

なお、11 Proは「超広角(×0.5)」での撮影も可能だ。これまでの端末では画角に収まり切らないものも、超広角で隅まで撮影することができる。

iPhone XsとGoogle Pixel3ではPixel3にやや分があったように思うのだが、11 Pro にはこれらのほかに「ナイトモード」やスローモーションのセルフィー「スローフィー」がある。これらの新機能でPixel3との差を縮めることができるのだろうか? 今後のユーザーの反応に注目が集まりそうだ。

参照元:アップルGoogle
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です