【徹底考察】長州力のTwitterがここまでバズる4つの理由

おすすめ

このページは:約 3 分で読めます

いま、我々は歴史を目撃しているのかもしれない──。何の話かというと、元プロレスラーで “革命戦士” と呼ばれた長州力(ちょうしゅう りき)のTwitterの話である。2019年12月に長州が開設したTwitterアカウントが、あまりにも、あまりにもスゴすぎるのだ。

松本人志さんや有吉弘行さんら数名を除き、Twitter開設以来ここまで怒涛のバズり方をしているアカウントはほとんどあるまい。なぜ長州力のTwitterはここまでバズるのか? 今回はその理由を徹底的にひも解いていきたい。

・驚異のバズり方

2020年1月7日11時現在、長州力アカウントは35回ツイートしている(うち2回はスタッフの告知)。そしてなんと平均リツイート数は約2400回、平均イイね数に至っては約9500回を叩き出しているから驚くしかない。

これがどれくらい凄まじい数字なのか? 日本有数のフォロワー数を誇る有吉弘行さんの直近33回のツイートと比べてみた結果、とんでもない事実が判明した。以下で両アカウントの1ツイートあたりの「リツイート数」と「イイね数」をご覧いただきたい。

有吉さんの平均リツイート数 : 約670回(長州約2400回
有吉さんの平均イイね数 : 約1万600回(長州約9500回

イイね数は有吉さんに及ばないものの、拡散を目的としたリツイートに関しては約3倍もの爆発力を誇っている。しかも有吉さんのフォロワー数約718万に対し、長州のそれは10万でしかない。どれほど長州のツイートがバズっているのか、数字は正直に物語っている。

本題に入ろう。ではなぜ長州のTwitterはここまでバズりまくっているのか? 長州のツイートを分析した結果、我々は4つの理由を導き出した。以下でツイートと共に解説する。

・理由1: 意味不明すぎて自分1人じゃ抱えきれない

「栗ちゃん、少しおくれるかもわかんない 先にいってうまくアゴまわしといてください すみませんね」

基本的に長州のツイートは「全てが意味不明」と断言していい。滑舌が悪いことで知られる長州だが、実際は滑舌よりも言葉そのものが不明朗であることは、熱心なプロレスファンならばお気付きのことだろう。これは同じく滑舌が悪いで有名な天龍源一郎の「言ってることは普通だが、声がしゃがれすぎててわからない」と似て非なる現象である。

例えば上記のツイートなら、まず「栗ちゃん」が誰なのかわからないし「アゴをまわす」の意味もわからない。さらに言えば、なぜTwitterで栗ちゃんに連絡しているのかが謎すぎる。ここまで意味がわからないと、人は誰かに謎を解いてもらいたくなるのだろう。この意味不明さが、爆発的なリツイート数の土台となっていることはほぼ間違いない。

・たまに知ってる名前が出てくる

「武田くん 敬司とかにハブを捕まえさせて泡盛の中にそれをぶん投げて10年漬けたものをファミリーマートで売ったら意外といけるんじゃないかな」

先ほどの「栗ちゃん」と同様、この「武田くん」は長州Twitterにおける謎の人物である。頻繁に名前が挙がることから長州とはかなり良好な関係と推察されるが、それについては置いておこう。ここでのポイントは謎すぎるだけでなく「我々の知る人物も登場する」ということである。

このツイートの「敬司」とはもちろん武藤敬司を指しているし、他にも「ライガー」や「蝶野」「源ちゃん」といった固有名詞も登場済み。さらにはタイガー服部も「正男」として登場しており、ビギナーからマニアまで幅広いプロレスファンをニヤリとさせてくれる。時として知った名前が登場する安心感と親近感も、長州Twitterの人気の秘訣であろう。

・短い文章で伝わりやすい

「たくさんのセーブどうも有難う ドンドンいきましょ~」

意味そのものはよくわからないことはさておき、長州のツイートはほとんどが短いセンテンスでまとめられている。理路整然とは程遠い “長州語” だからこそこれは重要で、別の見方をすると多くのユーザーは「一撃で仕留められている」といってもいいハズだ。

そもそもTwitterは文字制限の関係で「短文」で勝負することを求められるSNSだが、長州の “超短文” は見事にTwitterの特性とマッチしているのではなかろうか? 現役時代「ハイスパートレスリング」と称された長州のレスリングスタイルが、Twitterというリングでその真価を発揮している。

・言葉そのもののパワーが強い

「今年も一年早かったですね この勢いだと次に瞬きをしたら出口に立っているんじゃないか」

現役時代から長州は数々の名言を生み出している。長州級のセンスと発信力を持つのは古いプロレス史の中でもアントニオ猪木くらいのもので、言葉の才能は怪物レベルと言って差し支えない。

その証拠として、かつてプロレス誌はそれぞれ「長州番」を配置していた。実績やリングでの活躍だけではなく「長州ならネタになりそうな言葉を言ってくれそうだから」だ。その長州が、好きなときに好きなことを発信できるTwitterを始めたら……? ある意味、これくらいの注目を集めることはむしろ当然だったのかもしれない

・歴史の証人になれ

しつこいようだが、長州のTwitterはあまりにも面白く、そしてあまりにも凄まじい。かつてデビューからここまで注目を浴びたTwitterルーキーが何人いただろうか? 真面目な話、我々はリアルタイムで歴史を目撃しているのかもしれない。

というわけで、まだ産声を上げて間もない長州Twitterだが、気になる人はぜひチェックしてみてはいかがだろうか? リングでもTwitterでも、長州のいるところ……それが “ど真ん中” なのだ──。

参照元:Twitter @rikichannel1203
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です