【大改造】缶コーヒー1500本以上を使って会社に「休憩スペース」を作ってみた結果…

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます

古(いにしえ)の昔から、野郎どもの休憩のお供はこの2つと決まっている。「タバコ」と「缶コーヒー」だ。だがしかし、ご存じのように喫煙者にはこの上なく厳しい今のご時世、男たちが “上質な休憩タイム” を過ごせるかどうかは、缶コーヒーにかかっていると言っても過言ではあるまい。

そんな缶コーヒーの大定番にしてベストセラー、サントリーの「BOSS」から『カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ』と『カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ』の2種類が発売となった。素晴らしいのは「世界でいちばん小さなカフェ?」をコンセプトにした、現代人に安らぎを与える缶コーヒーだということだ。

・休憩難民のために

そもそも「サントリーBOSS」は、働く人の相棒として知られる缶コーヒーである。そのBOSSが「世界でいちばん小さなカフェ?」を掲げているということは「みんなもっと休憩しようぜ!」というメッセージが込められているに違いない。いいぞ、BOSS。もっとみんな休憩しようぜ!!

とはいえ、ロケットニュース24編集部はベランダでタバコが吸えるおかげで、実はまあまあ休憩には恵まれた環境だ。喫煙者率は驚異の9割以上で、いつも誰かしらがベランダで一服している。これ以上を望んだらバチが当たるというものだろう。ところが……。

いつものように煙草休憩している我々に、冷たい視線を投げかけるメンバーがいた。

記者のあひるねこである。

考えてみれば、編集部で唯一タバコを吸ったことがない あひるねこだけは「休憩の環境に恵まれている」と言い難い。しかもいわゆる “タバコミュニケーション” が取れないせいで、彼だけがいまだ「Mr.ミステリアス」的なオーラをビシビシと発している。これは良くない……! 彼にもどうにか休憩できる環境を作ってやらねば……!!

・カフェ・ド・ボスで休憩スペースを作る

無理矢理タバコを吸わせようとも思ったが、アメリカばりに訴えられても困る。そこで考えついたのが、社内に「休憩スペース」を作ることだ。お洒落かつこだわりの強いイケメン・あひるねこにピッタリの、そしてみんながくつろげる休憩スペースを……!! 私、P.K.サンジュンは、

迷いなくサントリーボスを1500本以上用意した。

これで貴重な人材の流出を防げると思えば容易いことだろう。しかも缶コーヒーは飲むためだけじゃない。『カフェ・ド・ボス』のポテンシャルを最大限に発揮し、唯一無二の「絶対にくつろげる休憩スペース」を作ってやるんだ……!

というわけで、カフェ・ド・ボスそのものを使って休憩室を作ることにした。なぜなら、オシャレな缶のデザインはもちろんのこと、カフェ・ド・ボスから溢れ出す “休憩しようぜオーラ” が最高レベルの癒し空間を提供してくれるハズ。待っててくれ、休憩難民のあひるねこよ──。

・大改造スタート

作業は非常にシンプルで、まずは2種類の「カフェ・ド・ボス」をテープで交互に繋ぎ合わせ柱を作っていく。壁の高さくらいのBOSS柱(ぼすばしら)を大量に作り、壁を埋め尽くそうという作戦だ。だがしかし……。

これが地味にキツすぎた──。

いい加減にテープを止めるとBOSS柱が自立しないうえ、角度を間違えるとパッケージの見栄えがしない。当初は「みんなでやれば1日かからないやろ」とタカをくくっていた制作日数も気付けば3日を経過していた。なぜ俺はBOSSをテープで止めているんだ……? キレイに貼れずに丸められたセロテープはもう見飽きた。

そして作業開始から4日目。ついにその時はやってきた。

壁をBOSS柱で埋め尽くし……


オシャレなテーブルと椅子を配置。

雰囲気の良さげな間接照明にスイッチを入れれば……!

カフェ・ド・ボス休憩スペースの完成である!

いかがだろうか? 想像以上にヨーロッパではなかろうか? 普段は辞書に出てくるレベルの雑居ビルの1室だが、休憩スペースだけは確実にヨーロピアン。心なしかこの一角だけはヴェネツィアの風が吹き抜けた気がした──。行ったことないけど。

・完璧な休憩スペース

もちろん、あひるねこも飛び跳ねてしまうほど大喜び! 普段は殺し屋レベルのクールな男だが、細胞が喜びを抑えきれなかったらしい。しかも休憩スペースが完成して数日が経った今でも1日数回休憩スペースを利用しているから、大層お気に召したのではなかろうか?



もちろん、他のメンバーも心地よく休憩スペースを利用している。なにせ缶コーヒー付きの休憩スペースだ。ヨーロッパの風を感じながらカフェ・ド・ボスを飲みつつ一休み出来るなんて、超1流企業レベルの福利厚生であろう。今後、休憩スペースのさらなる拡張もあり得る……のかもしれない。

というわけで、想像以上に地道な作業であったものの、想像以上にクオリティが高い休憩スペースが完成した。ここまでやることはなかなかオススメ出来ないが、ちょっと休憩したいときは『カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ』と『カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ』をぜひ飲んでみてくれよな!

参考リンク:サントリー「カフェ・ド・ボス」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です