【台風15号】東海道新幹線が50本運休へ。最終列車の繰り上げ時間は?

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます東海道新幹線のイメージ写真

台風15号の関東接近に伴い、東海道新幹線は9月8日午後6時ごろから上下線合計50本を運休するとJR東海が発表した

午後10時ごろから、東京駅~三島駅間は運転を見合わせるため、最終列車の時間も早まるという。詳しくは以下の通り。

 

■下り最終列車(東京駅発)

・のぞみ=変更なし

・ひかり=ひかり535号(東京 午後8時33分発、新大阪 午後11時29分着)

・こだま=こだま807号(東京 午後8時56分発、三島 午後9時51分着)

 

■上り最終列車(新大阪発、東京ゆき)

・のぞみ=のぞみ414号(新大阪 午後7時23分発、東京 午後9時56分着)

・ひかり=ひかり480号(新大阪 午後6時43分発、東京 午後9時40分着)

・こだま=こだま678号(新大阪 午後5時50分発、東京 午後9時47分着)

 

※のぞみ414号は、普通車全車自由席で運転する見込み。

※名古屋ゆき「のぞみ号」最終列車は変更なし。

※名古屋・静岡・三島ゆきの「こだま号」最終列車は変更なし。

 

■運転本数の縮小

午後6時ごろから一部の「のぞみ号」を中心に、本数を減らして運転する。午後6時以降から東京駅を出る下り列車と、新大阪駅を出る上り列車について、おおむね1時間あたり、「のぞみ号」2本、「ひかり号」2本、「こだま号」2本(うち1本は東京~名古屋間)の運転となるという。

 

■切符の払い戻し方法は?

台風15号接近に伴い、予定の変更などを検討中の利用者に向けて、JR東海公式サイトでは「ご旅行の見合わせによるきっぷの払いもどしについて」を案内している。

 

View of Mt Fuji and Tokaido Shinkansen, Shizuoka, Japan

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です