【ラグビーW杯】鳥肌待ったなし! オールブラックスが試合前にやるマオリ伝統の舞「ハカ」とは

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます

2019年9月20日から11月2日にかけて日本で開催されるラグビーW杯。あと数日で本当に4年に一度の祭典が始まってしまう。ホスト国の日本はどこまで世界と渡り合えるのか──そう考えるだけでワクワクしてくるが、どうしても注目が集まるのはニュージーランド代表(オールブラックス)だろう。

それもそのはず、彼らはW杯2連覇中で前人未到の3連覇を狙う最強集団。世代交代も順調に進んでいて、他を寄せつけない絶対王者だからである。ただ、あらゆる国に勝ち越す強さの秘訣は実力だけじゃない。王者の威圧は戦う前から始まっているのだ。

・伝統の舞「ハカ」

オールブラックスという名の通り、彼らは試合になると黒いジャージに袖を通す。そしてキックオフ直前で決まって行われるのが伝統の舞「ハカ」。聞いたことのある方も多いだろうが、ニュージーランドの先住民・マオリが戦いの前に行っていた踊りに起源を持つ舞である。

大きく目を見開き、舌を出して腕を震わせる……それから手を叩き、足を踏み鳴らし、自らを鼓舞するのだが、これをオールブラックスがやると相手は圧倒されてしまう。なにせ、超がつくほどのラグビーエリートたちが全力ですべての魂をぶつけてくるのだ。

会場の雰囲気が一気に変貌する光景は何度見ても鳥肌もので、何なら見ているこちらも飲まれてしまう。それほどまでにハカの迫力は物凄く、対戦相手はいかにして威嚇(いかく)に耐えるかというのも見どころとなる。全員で肩を組んで並ぶ、ハカが終わってからウインドブレーカーを脱ぐなど、チームによって対策はさまざまだ。

・ハカは2種類

なお、ハカには「カマテ」と「カパ・オ・パンゴ」の2種類がある。新人選手がいるときは基本的にカマテ。あとは試合をやる土地などによって使い分けているが、どちらにしてもハカはハカ。知っているといないで楽しみに天と地ほどの差があるので、もし知らなかったならば今から覚えておこう。

オールブラックスの初戦は大会2日目の9月21日(18:45〜)。横浜国際総合競技場で強豪の南アフリカ代表(スプリングボクス)と激突する。はたして南アフリカ代表はどのようにしてオールブラックスのハカを受け止めるのか、そして最強集団はどちらのハカで戦闘モードに入るのか。試合前から注目どころは盛りだくさんだ!

参照元:YouTube[1][2]
執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です