【デカすぎ】298円でサブウェイの倍サイズのサンドイッチが食べられるお店『JJバーガー』の価格破壊ぶりがヤバすぎ

おすすめ

このページは:約 2 分で読めます

あなたが知ってるサンドイッチチェーンを教えてと聞かれたら『サブウェイ』を挙げる人が多いだろう。一時の大量閉店を経て、現在好調に転じた言われているが、撤退した店は帰ってこない。……悲しい。

だがしかし! サンドイッチを売る店はサブウェイだけではない。まずはこちらのサンドイッチをご覧いただきたい。サブウェイの倍ほどの大きさがあるのに、お値段はなんと298円(税抜)。しかもウマい。そんなサンドイッチを売っているお店の名は『JJバーガー』だ!

・サブウェイの倍くらいあるサンドイッチ

『JJバーガー』は以前の記事でも紹介したとおり、メガストア「PLANT(プラント)」内で営業しているハンバーガーチェーンだ。全国に8店舗あり、本格グルメハンバーガーを390円という破格の値段で提供しているが、このJJバーガーのサンドイッチもまた破格なのだ。

店内でサンドイッチの価格を見て、プリントミスではないかと思わず二度見してしまった。たとえば「えびアボカドサンド」はデッッッカくて298円。その大きさ、30cm近くとサブウェイのレギュラーサイズの倍ほどあるのにたった298円だというのだ。マジかよ。サブウェイはレギュラーサイズで470円、倍のフットロングなら800円だぞ。

・そして、うまい

安さにもビビったが、その味にも驚いた。うまいー!

JJバーガーで使われているのは国産野菜だ。国産野菜は高くつきがちだが、ケチられた様子はなく、これでもかというほどサンドされている。アボカドペーストもはっきり言って「やりすぎ」というレベルにたっぷりだ。そしてプリプリのえび。それらをまとめあげるのがバルサミコ酢風味の濃厚ソースである。

そして、ハニーマスタードソースが決め手の「グリルチキンサンド」。肉がペラッペラじゃないぞー! グリルチキンが塊で入っているのだ。ボリュームたっぷりのものは見ているだけで幸せ気分になれるもの。これも298円だなんて最高かよ!

・サブウェイ難民の光

筆者もサブウェイ難民のひとりだが、JJバーガーに希望を見た次第だ。さてJJバーガーの公式サイトによるとサンドイッチはカスタムが可能で、取り扱いは川北店のみだという。しかしカスタムはできないものの出来上がったものが津幡店でも販売されていた。もしかして今後、販売店を広げていくのだろうか。


そもそもPLANTは買い物難民が出そうな地域に積極的に出店している企業である。JJバーガーのような良心的な店があればそれだけで地域に潤いを与えるのではないだろうか。ぜひこの勢いでサンドイッチの展開にも期待、サブウェイ難民も救ってほしい!

参考リンク:PLANT
Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です