「Windows 7」を使い続けるとウイルス感染や情報漏えいの危険あり――IPAが注意喚起 10月にサポート終了する「Office 2010」も今のうちに対策を

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めます

 2020年1月14日をもって、「Windows 7」および「Windows Server 2008」「Windows Server 2008 R2」のサポートが終了した。サポートが終了したOSを使い続けた場合、OSの脆弱性を悪用したサイバー攻撃などでウイルス感染や情報漏えいなどの被害を受ける恐れがあるとして、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、最新版への移行を呼び掛ける注意喚起を行った。
Source: INTERNET Watch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です