「CP+2020」開催中止。新型コロナウイルスに「感染するリスクを排除しきれない」と声明

おすすめ

このページは:約 < 1 分で読めますCP+2020 キービジュアル

CP+2020」(シーピープラス2020)の開催中止が2月14日、発表された。27日から4日間、横浜市の「パシフィコ横浜」で開催を予定しており、約7万人の来場者を見込んでいた。

「CP+」はアジア最大のカメラ見本市として知られ、カメラと関連機材を実際に来場者が手にとることが特徴だ。

主催者のカメラ映像機器工業会(CIPA)は「新型コロナウイルスへの有効な治療薬や対処法の先行きが見通せない」とした上で、「不特定多数の来場者の方々に感染するリスクを排除しきれない」と中止理由を述べている。

■CIPAの声明全文

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA:代表理事会長真栄田雅也)は、新型コロナウイルスへの有効な治療薬や対処法の先行きが見通せない中、来場者および出展関係者の健康や安全面などを第一に考えました結果、2月27日から4日間、パシフィコ横浜で開催を予定していたCP+2020の中止を決定いたしました。

CP+は最新のカメラとその関連機材を来場者の方々が実際に手に取って、その操作感などを確かめていただけることが最大の特徴であるコンシューマー向けのショーです。その際、約7万人の不特定多数の来場者の方々に感染するリスクを排除しきれない可能性があります。

当工業会としては、このようなリスクを避けることが重要と判断し、誠に遺憾ではありますが、開催を中止することとしました。皆様のご理解をいただきます様、何卒よろしくお願いいたします。

Source: ハフィントンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です